自営業と地域、どう関わっていくのがベスト?

すでに在る地域と、そこから生まれる自営業

自営業を始めるとき、まず拠点とする地域を選ぶことになります。その地域はどのような雰囲気を持っているのかよく調べる必要があるでしょう。歓楽街の真ん中で学術書メインの古本屋を始めても儲からないでしょうし、文教地区で深夜営業のバーを始めても近隣からは敬遠されるかもしれません。 ある地域に新規参入する場合には、やはりその地域について調査し、親和性の高いテーマを持ち込むことが重要です。「今まで無かったものを持ち込んで定着させる!」という気概は素敵ですし、やり甲斐も大きいとは思いますが、おそらくその道程は険しいものになるでしょう。その地域がすでに持っている特徴を活用して良いスタートを切り、さらにその特徴をより濃いものにしていくことが、自営業と地域の良い関わり方と言えるのではないでしょうか。

自営業を支える「土台」としての地域

地域が自営業を支え、自営業がその地域を形作っていきます。自営業者は地域の催しなどに積極的に参加し、その地域を活性化させることが自身の経営にも良い影響を及ぼすことになるでしょう。「あのお店の人、この前のお祭りの準備で色々手伝ってくれた人ですね」なんて、身近なところから優良な顧客を得ることができるかもしれません。地域と深く関わることは煩雑なことだと思われるかもしれませんが、草の根レベルでの広告活動になると思えば、蔑ろにするには勿体ないと思えるのではないでしょうか。
現在、インターネットを介して場所や時間に縛られない様々な広告活動が可能になっていますが、「所属する地域内で支持を得ているかどうか」は、経営の基盤として非常に重要な要素です。まずは身近な人たちに愛されること。そこから口コミで評判が広がっていくこと。ネット社会であっても、この流れのもつエネルギーは忘れてはいけないでしょう。

起業するには、プランがとても重要な要素となります。経営するためのプランを立てる事が出来たら行動を起こすだけです。